Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morebe/more-be.com/public_html/fpmuraosa/wp-includes/post-template.php on line 284

反対の足からパンツを履くと・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29日
事務所にて

独立して、半年ほどたった20代男性が来られました

初めの方は予定通りの売上が上がったが、初めに比べて大分売上が落ちて来ています

商売のスタート時によくある事です

スタートダッシュで、状況がいい時に何をしたかで、下がり方が決まります

悪い時はどんな小手先の手を打っても、大体の場合どうにもならないんですよね

結果が出てる時に、悪くなった時の要因が潜んでますよ

悪い時には、
その要因を分析(良かった時に潜んでる要因)して、数カ月後に上向きになるように、手を打った方がいいですね

自分で分析できない人は、立て直しの経験がある人に聞けばいいですね

バブル崩壊後の不景気も、バブルの時にどうしたかで決まりました

僕の勤めてた会社は、バブル前の、売上が10倍、利益10倍になってました

人間関係の破綻も、きっかけはあるけども、実際は上手くいってる時に要因が潜んでいますよ

アドバイス1
常に学ぶ姿勢
常に挑戦者の姿勢

上手くいってる時は、天狗になりやすく、「学ぶ」を忘れがちです

自分の器以上の結果が出ても、すぐに自分の器の大きさまで、結果は縮小します

なら、常に器を大きくする為の「学ぶ」姿勢ですね
(今のままでいい場合は必要ないです)

アドパイス2
目標、ビジョンをもっと明確に

明確になってないから、いい時に天狗になるし

明確でないからこそ、悪い時に小手先でなんとかしようしてしまいます

アドバイス3
経験してる人に聞く

経験してない人から学ぼうとしても無駄ですよ

アドバイス4
目標、ビジョンのイメージを細分化する

到達した時と、今は何が違うか?

例えば、車、家、服、家族、朝のあいさつ、笑顔
(100項目位比較してみたらいいですよ)

違いがあるもので、お金かからないものは、今すぐそうすればいいです

例えば、今はパンツを右足から履くが

達成してる時はパンツを左足から履くとイメージできるなら

今日から、左足から履くようにすればいいです

どんな例えですかね

結果が出たからそうするのではなくて、

そのイメージ通りの自分になるから、結果がでるんですよ

ポイント
状況が悪い時の要因は、いい時に潜んでますよ

常に学ぶ姿勢

目標に到達した時の自分のイメージを細分化すると、今すべき事が見えてきますよ

反対の足から、パンツを履くと、一日中スースーした気分です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。