Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/morebe/more-be.com/public_html/fpmuraosa/wp-includes/post-template.php on line 284

2007年 11月 の投稿一覧

知恵の提供者でポッカポカ

30日
鳥取にて

今日は実家に、蓄熱暖房と電気温水器とIHクッキングヒーターの取付工事に立ち合いに来ました

蓄熱暖房は、これは感動でしたね

暖かい

これで実家のリビングは24時間、ずーっと暖かい冬になりますね

灯油の値段がどんどん上がっていってますから、いい選択だったんじゃないかな

原油がもうすぐ1バレル100ドルを突破しそうですね

バブルの頃、1バレル40ドルだったんですけどね

今は倍ですよ

ガソリンは半分税金ですから、原油価格の上昇はダイレクトには反映されないから、1.5倍位ですもんね

原油等の資源は有限ですから、値段はどんどん高くなって当たり前ですよね

ガソリン200円の時代もそんなに遠くないかもしれないですね

今回の工事で実家の電気代+ガス代+灯油代の年間金額が、大体半分になる試算ですが

灯油代の上昇率を考えると、もしかしたら、10年で、相当節約になったのかもしれないですね

温暖化によって「沈む国スバル」の少しでも、助けができたと言う、自己満足もあります

年間節約代金を今回の代金で割ると、年間利回り20%生み出したのと同じですね

光熱費節約も、立派なFPだと思ってるのは僕だけでしょうか?

年率20%生まれるなら、定期預金0.7%より全然得ですよ

本当にクライアントが知りたい事は、原油が上がると言う情報でなくて、

生活に密着してる部分で、どうしたらいいかの知恵ではないでしょうか?

FPはお金に関しての知恵の提供者であるべきですよね

ポイント
家計費節約がFPでしたよね
FPは知識の提供者でなく、知恵の提供者ですよ

蓄熱暖房は24時間ポッカポカ

反対の足からパンツを履くと・・・

29日
事務所にて

独立して、半年ほどたった20代男性が来られました

初めの方は予定通りの売上が上がったが、初めに比べて大分売上が落ちて来ています

商売のスタート時によくある事です

スタートダッシュで、状況がいい時に何をしたかで、下がり方が決まります

悪い時はどんな小手先の手を打っても、大体の場合どうにもならないんですよね

結果が出てる時に、悪くなった時の要因が潜んでますよ

悪い時には、
その要因を分析(良かった時に潜んでる要因)して、数カ月後に上向きになるように、手を打った方がいいですね

自分で分析できない人は、立て直しの経験がある人に聞けばいいですね

バブル崩壊後の不景気も、バブルの時にどうしたかで決まりました

僕の勤めてた会社は、バブル前の、売上が10倍、利益10倍になってました

人間関係の破綻も、きっかけはあるけども、実際は上手くいってる時に要因が潜んでいますよ

アドバイス1
常に学ぶ姿勢
常に挑戦者の姿勢

上手くいってる時は、天狗になりやすく、「学ぶ」を忘れがちです

自分の器以上の結果が出ても、すぐに自分の器の大きさまで、結果は縮小します

なら、常に器を大きくする為の「学ぶ」姿勢ですね
(今のままでいい場合は必要ないです)

アドパイス2
目標、ビジョンをもっと明確に

明確になってないから、いい時に天狗になるし

明確でないからこそ、悪い時に小手先でなんとかしようしてしまいます

アドバイス3
経験してる人に聞く

経験してない人から学ぼうとしても無駄ですよ

アドバイス4
目標、ビジョンのイメージを細分化する

到達した時と、今は何が違うか?

例えば、車、家、服、家族、朝のあいさつ、笑顔
(100項目位比較してみたらいいですよ)

違いがあるもので、お金かからないものは、今すぐそうすればいいです

例えば、今はパンツを右足から履くが

達成してる時はパンツを左足から履くとイメージできるなら

今日から、左足から履くようにすればいいです

どんな例えですかね

結果が出たからそうするのではなくて、

そのイメージ通りの自分になるから、結果がでるんですよ

ポイント
状況が悪い時の要因は、いい時に潜んでますよ

常に学ぶ姿勢

目標に到達した時の自分のイメージを細分化すると、今すべき事が見えてきますよ

反対の足から、パンツを履くと、一日中スースーした気分です

人が一番の財です

29日
大津にて

コンサルさせて頂いてる会社の株式会社設立パーティーに出席しました

過去5年間の学生アルバイトさん達を招待して、パーティーを行いました

同窓会みたいでしたね

企業は人なり

ですから、色んな形で携わった方々をどう大事にして行くかが、これからのその企業の方向性に大きく影響してくると思いますけどね

人は財産です

僕の財産は
人(今まで縁のあった全ての人)と
経験(人との係わりで得た経験)しかないですけどね

昔は財産とは、お金、資産、権利、名誉、資格だと思ってました

今ははっきりと財産とは
人と経験値といいきれますね

今の収入源が全て失くなっても、人がいればすぐに再生できますね

人が回りにいなくなっても、経験値があるから、直ぐに新しい人間関係を作る事ができますね

今回のパーティーで一番感動してたのは、5年間一生懸命やって来た経営者のお二人でした

色んな思いがあったんでしょうね

相当酔っ払ってました

過去にかかわった企業が、このような企画をしてもらえたらうれしいもんですけどね

このコンサルさせて頂いてる会社は、人を大事にする事により、どんどん変化して行くでしょうね

楽しみですね

ポイント
人が一番大事な財産ですよ

財産になるかどうかは、その人に何をしてあげたかによりますよ

知ってるだけの人は、財産にはなりにくいですね

人財は、自分がgiveをして初めてできます

ない袖は振れない! 袖を作ると村ができる

27日
事務所にて

ある方と話をしてて

事務をして頂いてる方の給与はどこからでるのか?

事務所の家賃はどこから出るのか

と言う話になりました

基本は全体の売上から原価を引いた、粗利益が原資になります

この粗利益の中から、事務員の給料、家賃、水道光熱費、運送費等の固定費が捻出されて(支払い)

一部、将来の備品購入等の積立金を確保して(内部留保)

残りが経営陣の収入原資になります

つまり、事務員の給料等の固定費は売上がない限りでないですね

事務所も、売上がない限りないですね

経営陣の報酬も当然です

義務と権力

義務を果たすから権利が主張できるのです

そろそろ、ボーナスのシーズンですね

出てくるんですよね

普段は会社の売上を考えて行動してないのに、ボーナスが下がったとグチグチいってる人が

会社の売上、利益が沢山出てるから、自分達に反映されてくるんだと、早く理解した方がいいですね

そう考える人だけが、独立した時にうまくいくんですけどね

全体の利益に対しての義務を果たしてる人が権利を主張できます

ない袖は振れないですよ
色んな企業が次々に問題を起こしてて、そこの社員さんは職を失う危険にさらされてますね

問題になってる事は社員さんが気付いてる事は多いはずですよ

自業自得と理解した方が、その後の人生変わってくると思いますよ

ポイント
全体の利益を考えた行動をした方が、多くのものが帰ってきますよ

その考えの方が、組織も作れるし

僕の言ってる村もできるんですよね

講演依頼

26日
事務所にて

某不動産会社さんより、FPとしての講演依頼がありましたので、企画担当の方にお越し願いました

ありきたりのFPの講演でない方がいいと言われたので、おもしろそうなので、お受けいたしました

12月7日(金)京都で行います
題は、「ファイナンシャルプランナーとは」

新聞の折り込みチラシも入るみたいですね
(大きな企業はやる事派手ですね)

後輩の1人に、その事を話すと、びっくりしてました

いつも、不動産は買わない方がいいですよとアドバイスしてる僕に、不動産メーカーから講演依頼があるのは、不思議と

そのまんま話をしていいとの事なんで、受けたよと言うともっと不思議がってました

実際、そうはいっても年間で、僕のクライアントさんが、2名位は不動産の購入をしてますからね

不動産、生命保険、医療保険、法人登記、どれもできるなら、しない方がいいとアドバイスをしますけど

それは、一般論であって

クライアントさんの希望、プランニング、によっては、必要な人もいますからね

FPは、その人の希望に合わせてプランニングをするだけですからね

金融商品、知識は、それを達成する為の手段に過ぎませんからね

ポイント
商品ありきでなく
プランニングありきです

一体何の話をすればいいんですかね

もう、二度と依頼は来ないかもしれないですね

プロはやはり凄い(*_*)

24日
事務所にて

ローンカードを人に貸して返してもらえなくて、困ってるクライアントさんから、電話がありました
(結構多いですよ)

とりあえず、刑事事件ですね

20代の取立君に相談した所、なるほどと言う回答をもらえました

すごい

やはり、餅は餅屋ですね

クライアントさんが、今回の件も、仲間内でよくよく聞いてみると、数人の方が、あれやこれや理由をつけてローンカードをその方に預けてしまってたみたいです

クライアントさんは、自分一人の事なら何とかなりそうだが、他のお友達も巻き込まれているから、自分の容量オーバーで、僕に相談をしてきたと言われてました

先にその友達とかを、転ばぬ先の杖で、僕を紹介してくれてたら、先にその人が、その件を僕に相談されてて、もう既に解決してるかもしれないですね

結局、友達に友達の為に何かをして上げてる方は、自分で予想しない方向から返って来ますよ

逆に、自分の事だけ考えてる人と、永く付き合っていけますか?

ポイント
本当の友達って何だろうね?

自分が、友達にとって本当の友達になれてるかな?

情けは人の為にあらず

京都大学祭に行ってきましたp(^^)q

23日
京都大学にて

大学1年の時依頼ぶりに、京都大学の学園祭に行ってきました

事務所に商売と相場の張り方を学びに来てる学生さんが、商売のチャレンジをしてるので見に行きました

事務所に学びにきてる他の大学の学生さんも、応援に来てもらいました

関西の学生さんの新しいサークルでもできそうな勢いですね

「むらおさクラブ」なんてどうですかね

基本は、企画サークルで学生の間に、経営やお金や人生について実践で学ばせてしまうっていうのは、どうですかね

もし、興味がある学生さんがいたら言ってもらったら、紹介しますよ

ポイント
大学生の間にしかできない事ってありますよ

商売する前からの友人

19日
事務所にて

20代のFP見習い君が、事務所に友人を連れて来ました

見習い君の協力をしてもらう為に、友人君に色々話をさせてもらいました(そう頼まれてたので)

友人君に協力して上げて下さいねと言った所

「その見習い君を信用できません」ときっぱり言われました

「遊びに行こう」と言って事務所に連れて来たようです

友人には
自分のビジョン(夢)を話して
協力して欲しいから時間を作って欲しい

と伝えればいいだけですよね

友人、知人はクライアントになってもらう事は一生無理なんだと理解した方がいいですよ

友人、知人は協力者にしかなれないですからね

僕でも、昔からの友人、知人に「こうした方がいいよ」と言っても殆ど聞き流されてしまいますからね

友人、知人は自分達が本当に困った時だけ、相談に来てくれればよしとしておきましょう

全ての商売で同じだと思いますよ

友人、知人はあなたの客にはなりません

協力者になってくれる人は必ずいます

友人、知人は、商品やサービスは全く興味ないですよ
あなた自身とあなたの目指してる方向には、興味があります

逆の立場で考えたらわかりますよね

ポイント
友人、知人を客にするのは不可能と理解して下さい
友人、知人が興味があるのは、あなたのビジョンとあなたの人間性です

友人、知人はあなたの数少ない協力者ですよ

僕の感謝してる恩師

18日
東京にて

ネイルの店を持つ夢を実現させたい、20代女性のマイミクさんが来られました

マイミクさんで見ず知らずの僕に会いに来られるのは、僕の統計で20代女性、しかもキラキラしてる方が、断トツに多いですね

次に、僕がサラリーマン時代に勤めていた会社に在職されている20代の男性に紹介でお会いしました

懐かしい話を沢山してしまいましたね

僕の入社当時の売上と経常利益が10倍になってました

卒業させてもらった会社が、成長して行くのを聞くとうれしいもんですね

彼に僕の事務所の展開が早いと言われましたが

その会社に僕がいた時のスピードと同じですよ

FPを商売としてどうやってやってるのですかとも聞かれましたが

その会社がやってるのと同じで「コンサルティング」をするからですよ

こんな商品がこうでああでと言う営業でなくて

これを達成する為に、この商品を使って、これだけのメリット

これを使う事によって、年間コスト削減、これだけ

としたら、利益は生まれますよ

これを、ある経済雑誌に「コンサルティング営業」と書かれていたのを覚えています

大学の時も、その会社に入社してからも、周りの人達に、「何でそんな無名の会社に決めたの?」とよく聞かれました

「自分の目標に到達するのに、1番学べる会社だから」

その会社の創業時の取締役の方が、技術系を希望してる理系の僕を

管理部門に配属して、「すまん、我慢してくれ」と新卒の僕に頭を下げてくれた事に、今では凄く感謝しています

ポイント
仕事は手段であって目的ではないですよ

会社選びも、自分の人生の目標に到達する為の手段です

お金も手段として使えなかったら、全く無意味ですね

FPはクライアントさんの夢を叶える為に、プランニングをして手段のアドバイスをする仕事です

飛行機は、理解できないf^_^;

16日
東京にて

東京の事務所の立ち上げメンバーさん達が集まり、候補物件の確認を行いました

1月にはオープンしてしまいそうですね

なんか凄く盛り上がってて、いい感じですね

その後、先日の経営計画の立て方講習によって実際に書かれた、各自の数字計画を持って来てもらい、発表して貰いました

皆さん、自分で立ててきてるので、他の方のと比較をして、差に気付かれたのではないでしょうか?

何が正解とか、何が不正解とかはないですが

他の方のを聞いて、誰が計画通りに行きそうかは、素人が見てもわかりますよね

まず行動、人との比較、自分に足りないものを盗む

すごく重要な事ですね

まず行動でつまずいてる人は

次の段階で得れる事に一生触れる事はないんですよね

これって不思議ですよね、なんでやってみないのかな?

理解しないと行動できない人って、可哀相ですよね

世の中間違いなく理解できない事の方が多いのに

実際に理解できてないのに、当たり前にやってる事って多いのに

その方法、やり方、それ自体が、正しいとか間違ってるとか

理屈に合ってるとか合ってないとか

上手く行きそうとか上手く行かなさそうとか

自分に合ってるとか、合ってないとか

考えて、立ち止まるのって、不思議ですよね

なんで飛行機は空を飛ぶの?

これを理解しようと思ったら、空体力学を理解しないと無理でしょ

難しいですよ

理解できてないのに、飛行機に乗ってる人、多いですよね

ちなみに、僕は未だに、鉄の物体が空を飛ぶ事を信じてないです

僕の判断基準は
アドバイスしてくれてる人みたいになりたければ、200%行動します

アドバイスしてくれてる人みたいになりたくなければ、参考意見ととらえます

ポイント
理解できないと行動できない人は、かわいそう

自分がやってみて、他人との比較は非常に大事

鉄の塊が空を飛ぶのは、やっぱり理解できない